Diet Magazine

美しく痩せる!ダイエット情報誌


自分の遺伝子に合ったダイエット方法がわかる!? 実際に調べてみました!私のレビュー↓ idenshibana2

MEC食とは?糖質制限との違いは?女性に嬉しいアノ効果も!

      2015/10/01

糖質制限食を意識しているとよく目にするMEC食という言葉。
MEC食とは何なのか?また糖質制限との違いや、女性に嬉しい効果についてお伝えします!

スポンサーリンク

MEC食とは?

cheese_R

MEC(メック)食のMECとは3つの食品の頭文字からなります。

・肉(Meat)
・卵(Egg)
・チーズ(Cheese)

この3つの重要な食品をしっかり食べて炭水化物(糖質)は控えましょう、そしてよくかんで食べましょう!というもの。

MEC食の基本的なやり方

・1日に肉200g、卵3個、チーズ120gを食べる
・1口は30回噛んで食べる

MEC食の基本のやり方は、まずはこの2つを押さえればOK!

肉、卵、チーズの理由

肉は、たんぱく質や脂質とともに、ビタミン、ミネラルなどの体のバランスを整える栄養素も豊富に含む食べ物です。
こくらクリニック院長の渡辺信幸先生は著書の中で「人体の構成に限りなく近いという点でも、理想的な食べ物」と、述べています。

しかし、肉だけでは摂取できる栄養に偏りが出てしまいます。
肉だけでは補えないアミノ酸などの栄養素について、卵とチーズを食べることでそれぞれ補い合うことができます。
乳製品が良いのであればチーズではなく牛乳でも良さそうですが、牛乳は糖質が少し多いため(200mlで10g)、発酵によって糖質がほぼゼロになったチーズの方がベターです。

30回咀嚼することのメリット

1口30回咀嚼(そしゃく)することは、「カムカム30」「KK30」などと呼ばれるMEC食の合言葉。
たくさん咀嚼することで脳の満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満腹感が得られ食べ過ぎ防止になります。
満腹中枢が反応するまでは20分かかるため、ゆっくり食事をするのがポイントです。1口30回ずつ噛むことは早食い防止にもなりますね。

糖質制限とMECの違い

糖質制限とMEC食って何が違うの?と思いますよね。
MEC食の考え方は、「高たんぱく低糖質」と糖質制限と共通する部分があります。
糖質制限との違いはこちらです。

「引き算」ではなく「足し算」

糖質制限食では、いかに糖質を減らすかがポイントとなります。
糖質を減らすために、白米を半分にしたり、パンをブランパンにしたり、小麦粉をおからで代用したり、様々な工夫を凝らします。

一方、MEC食では「たんぱく質と脂質を増やす」という考え方でたんぱく質を脂質を増やせば自然と糖質が減り、糖質自体も体が欲しなくなるそうです。

つまり、糖質制限は糖質を減らす「引き算」、MEC食はたんぱく質・脂質を増やす「足し算」のイメージですね。
人は「~をしてはいけない」と禁止されればされるほど、禁止を破りたくなってしまいますよね。
そうならないめに、MEC食では「肉・卵・チーズをたっぷり食べよう」と足し算の表現が使われています。

食べ順もMECから

一般的な「食べ順ダイエット」では、食事の1口目は食物繊維の多い野菜から食べます。食物繊維を1番先に食べることで、食事の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるからです。糖質制限食もベジタブルファーストが推奨されています。

スポンサーリンク

一方、MEC食の食べ順は、肉・卵・チーズから食べ始めます。
食べ始めるというより、肉・卵・チーズをしっかり食べて終了でもよいのです。
野菜はビタミンCを補うために少量プラスすればOK!
炭水化物(ごはん、麺類、パン)については、食事の最後に満足できない場合に食べる形です。

食物繊維を多く含む食べ物について

糖質制限食では、野菜・きのこ・海藻類は積極的に食べることが推奨されています。(野菜は糖質の多いものを除く)
食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしますし、腸の中で便のかさ増しやぜん動運動を活発化させる役割をし、便秘対策にもなるからです。

一方、MEC食では食物繊維の多い野菜・きのこ・海藻も食べ過ぎない方がよいとされています。なぜなら食物繊維は、体の中で消化できないからという考え。
食物繊維は便のかさ増しをする役割もありますが、こんにゃくや白滝をなどを食べ過ぎて消化できず、腸閉塞になる若い女性も多いです。
また、血糖値は糖質を摂ると上昇しますが、MEC食を実践すると糖質をほとんど摂らない食事になります。そのため、食物繊維による血糖値の上昇抑制効果は必要ないとも考えられます。

咀嚼回数について

糖質制限食でも「よく噛んで食べましょう」とは言われますが、必須事項とはされていないように思います。

一方、MEC食では「カムカム30」と言われるように、口に入れたものは30回咀嚼してから飲み込む、これを毎回行うことで食べ過ぎ抑制になりますし、食べ物が小さくすり潰され消化も良くなります。

糖質制限食を食べ物を限定してよりストイックにしたのがMEC食という感じでしょうか。
ですが実際には、MECを実践すると満足感・満腹感もあるため、食欲が抑えられて無理することなく自然と実践できると考えれます。
ただし、肉・卵・チーズを毎日食べ続けることになりますから、飽きないようレシピのレパートリーを増やすことが必須でしょう。

MEC食の効果は?

MECを実践するとダイエット効果だけではなく、様々な体の変化があるようです。
女性に嬉しい効果はこちら!

・肌がモチモチになった
・髪に潤いが出てツヤツヤに
・体温が上がって汗をかきやすくなった
・バストサイズがアップした
・ヒップラインがキュッと上がった
・生理不順が改善した
・イライラすることが減った
・仕事や勉強の集中力がアップした
・疲れにくくなった
・甘いものが食べたくなくなった

また、

・痩せたことで夫のいびきが少なくなった
・歯周病が治った
・花粉症やアトピーの症状が緩和した
・高血圧の数値が改善
・痛風の症状が改善

などの効果があった人も!(※効果には個人差があります)

ただ、体重についてはMEC食にすることで増加する場合があります!
筋肉は脂肪より重く、MEC食では柔軟な筋肉質に体が変化するためです。
体重が増えても以前より痩せて見える、ヒップラインが上がる場合も多いので、体重に一喜一憂しないようにしたいですね。

【関連】MEC食ダイエットの詳しいやり方はこちら!

スポンサーリンク

 - 話題のダイエット