Diet Magazine

美しく痩せる!ダイエット情報誌


自分の遺伝子に合ったダイエット方法がわかる!? 実際に調べてみました!私のレビュー↓ idenshibana2

ザバスウェイトダウンの口コミ!摂取タイミングや体重が増えた場合の対処方法

   

筋トレと並行してプロテインのザバスウエストダウンを5ヶ月前から飲んでいます。

最初の頃は、体重が増えたり、思ったように体型にならなかったりしましたが、筋トレ方法を見直して、体重が落ちてきました。

今回は、ザバスウエストダウンをダイエット目的で飲む場合の、摂取タイミングや私の飲み方、太った原因などについて振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ザバス(SAVAS)ウエストダウンプロテインとは?

プロテインは、筋トレをする人が飲むもの!
というイメージがある人も多いかもしれません。

しかし、ダイエットをする人にもプロテインは人気があります。
特に、ザバスウエストダウンは、筋トレをしながらのダイエットに最適です。

商品の特徴は・・・

・大豆タンパク質で、無駄な脂肪がつきにくい
・体内に余分なエネルギーを溜め込まない「ガルシニア」を配合
・11種類のビタミン、3種類のミネラル配合でバランス◎
・美味しく飲めるヨーグルト味

ザバスウエストダウンは、筋肉を維持したまま減量し、理想の体型を目指す人に選ばれています。

ザバス ウェイトダウンの効果的な飲み方は?

私は、筋トレも並行して行いました。
高校時代に3年間筋肉トレーニングに取り組んでいたので、なまった体の筋トレは楽しかったです。
筋肉は予想通りという感じに3か月を超えたあたりからもりもりと付きはじめました。

ザバスウェイトダウンの飲み方 ダイエット的には?

ザバスウエストダウンは、公式では水または牛乳で溶かして飲むように説明があります。

牛乳には脂肪分が大量に含まれているため、私は水に溶かして摂取することにしました。

ザバスウェイトダウン 摂取タイミングは?

公式では、食事と一緒や運動直後の摂取を推奨しています。
私の場合、タンパク質の摂取の難しい朝食と筋トレ直後に摂取しました。

ザバスウェイトダウンで筋肉アップも体重が増えた!

筋トレとザバスウエストダウンを続けたところ、筋肉がついてきた実感がありました。
プロテインの種類がウェイトダウンなので普通に筋肉と脂肪が入れ替わり体重が減っていい感じの身体になると思いましたが、結果的には上半身の筋肉がもりもり付き、体重も増えてしまいました。
特に腕は異常に太くなりました。

スポンサーリンク

おそらく高校時代と異なり私が30代だから筋肉がつきやすかったのだと思います。

ザバスウェイトダウンと効果的な筋トレについて

私が行ったのは、自重トレーニングと言って自分の身体の重さを使い、特に特殊な器具を使わず行う筋トレ方法です。

具体的には腕立て伏せと懸垂とマンションの階段の往復を行いました。

普段、超運動不足の私には効果てきめんで上記にあるようにすぐに筋肉は付きましたが、3か月目くらいからこれは狙った体になっていないことに気づきました。

もちろんチョイメタボな私の身体が肥大した筋肉によって良いプロポーションになったのですが、このままでは一向に体重が減らないことに気づきました。

せっかくザバスのウェイトダウンのプロテインを飲んでいるのにこれではダメですので、腕立て伏せと懸垂を毎日、限界回数の半分の回数行うように切り替えました。
階段の往復も9階まで5往復していたのを2往復にして毎日行うようにしました。

ザバスウェイトダウンの効果?5ヶ月続けたところ…

とりあえず毎日トレーニングを行い、ひたすらザバスのウェイトダウンのプロテインを飲み続けることでやっとお腹周り、背中の脂肪が落ちはじめ体重が2キロ落ちました。

ちなみに体重が2キロ落ちるまで2か月もかかりましたので、結局プロテインよりトレーニングの内容の方が重要な気がしています。

ただし、ザバスのプロテインをわざわざ買いますので多少トレーニングのモチベーションは上がります。

また、私はたばこを吸いますし野菜をあまり食べないので、総合的にビタミンが入っているザバスのプロテインを摂取することで、健康面で安心感はあります。

もう少しトレーニングを続けたら、ザバスのプロテインをやめてマルチビタミンのサプリを買おうと思っています。

まとめ

筋トレを行うことで、脂肪と体重こそ減らないものの、顔が引き締まりますし、肌艶の状態も良くなりました。

ザバスウエストダウンを飲み続けるは、モチベーションも保つためにもよかったと思います。

筋トレは、やり方によって筋肉の付き方が違います。
闇雲にトレーニングをするのではなく、1つひとつの動きがどのように作用するのか意識しながら、また体の変化を観察し、改善しながら行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

 - 運動でダイエット