Diet Magazine

美しく痩せる!ダイエット情報誌


自分の遺伝子に合ったダイエット方法がわかる!? 実際に調べてみました!私のレビュー↓ idenshibana2

ファンケル 発芽米を通販中♪炊き方やダイエット効果をご紹介!

   

玄米って、固いし、独特の匂いがありますよね。

両親が食べていたファンケルの発芽米。
私も健康のために、1年前から通販で取り寄せ食べ始めました。

今回は、発芽米の炊き方や私の感じた効果(ダイエットや健康診断の結果など)をお伝えしたいと思います。


ファンケルの発芽米を通販してみた!

大学を卒業してから、少しずつではあるのですが、体重が増えました。
健康診断でも、コレステロール値が高く、血圧も高めとの診断でした。
大学では運動系の部活に入っていたので、当然かもしれません。
今はほとんど体を動かしていませんから。

そこで、両親がしている健康法「発芽米ダイエット」を始めることにしました。

ファンケルの公式通販サイトからで発芽米を購入し、早速食べはじめました。
それでも、最初は半信半疑でしたよ。

テレビでも、発芽米の良さが伝えられているし、周りにも(特に三十代四十代の方)白米を発芽米に変えた、という方はいらっしゃいます。
しかし、運動も食事制限もせず、果たしてこれで効果が出るのか、という疑問はありました。
加えて私は発芽米の独特の食感があまり好きではないので…

ファンケル 発芽米の炊き方は?

本来は、白米:発芽米は2:1の割合が効果的だそうです。
私の場合、玄米に苦手意識があったので、まずは、白米3:発芽米1という具合に、混ぜて食べていました。

もちろん効果はその分だけ減りますが、続けることが目的なので。
発芽米が苦手という人も、まずは白米の割合を多めにしてスタートしてみることをおすすめします。

私の場合、一週間ほどで発芽米の味に慣れました。
今では2対1の比率で食べることができています。

つまり、誰もが簡単に、継続しやすいというのがこのダイエットの魅力なんです。
そして、ダイエットの効果は一時的なものではなく、継続さえすれば長期的に体質は変わります。
誰でもできる、手間がかからない、ということと考え合わせると、これほど効率的なダイエットは他にないと思います。

ファンケル 発芽米ダイエットの効果は?

初めはあまり期待もせず始めた「発芽米ダイエット」ですが、大体半年ほど続けた辺りから、少しずつですが効果が表れ始めました。

個人差はあると思うので、どのタイミングでどのくらい効果が出るのかは分かりませんけど、少なくとも私の場合、体重がある日突然減り始めたんですね。
一気に減った、ということではありません。
しかし、ある日を境に減り始め、そこから、少しずつ少しずつ、一定の減少幅で減り始めたのです。
二か月ほど減少は続き、そこからは適正体重一歩手前というところでキープすることができています。

食物繊維が多く含まれているので、腸内環境が改善されたり、よく噛んで食べるようになった故に消化不良を起こさなくなったのでしょう。
それが、塵も積もれば山となるじゃないですけど、数値として現れたのでしょう。
運動と組み合わせれば、より効果は見込めると思います。

健康診断での数値も改善!

最近、健康診断を受けました。
血圧はほぼ平均値に落ち着きました。
白米を発芽米に変えることで、糖質の吸収を緩やかにすることになります。
(発芽玄米に含まれる豊富な食物繊維のおかげです)

それから、これは嬉しい誤算なのですが、コレステロール値も減ったんですね。
これも食物繊維の効果なのか?もしくは、発芽米を食べることで健康志向になり、油物を控えたのが要因としては考えられます。

ファンケル 発芽米のお試しはここが安い!

ちなみに、ファンケルの発芽米を初めて通販する場合は、公式サイトからの「通販限定増量セット」がお得です。

発芽米1kg+もれなく500gのおまけ付きです。

価格は、1,203円相当→780円(送料無料)

と、特別価格になっています。

ただし、おひとりさま1セット1回限りなので、ご注意ください。

→ FANCL 通販限定『発芽米 お試しセット』1.5Kg 1,203円相当→特別価格 780円

まとめ

「発芽米ダイエット」、面倒な準備や手順は何一つ必要ありません。
購入した発芽米を、白米と混ぜて一緒に炊くだけです。
手間は要らないのです。
面倒臭がりの私でも続けられたのは、こういう「手軽さ」があるからです。

また、味についても発芽米は美味しく、続けられています。
ダイエット目的の場合、急激な体重減少など即効性は低いですが、続けることで適正な体重になってきました。
また、血圧、コレステロール値など、健康診断にも効果が現れ、とても嬉しいです。
これからも健康を維持するためにも、発芽米を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

 - 話題のダイエット