Diet Magazine

美しく痩せる!ダイエット情報誌

【TVCMでも話題】たんぽぽ川村さんが-14.5減量! 酵水素328選
ダイエットしてるのに痩せない…⇒原因は骨盤かも?!【期間限定 500円 体験】

【太もも専科】太もも・セルライト・ヒップ集中!1000円体験

寝るだけダイエットのやり方!効果的な方法とコツを紹介

   

キツイ運動も食事制限もしたくない。
寝るだけで痩せられればいいのにな・・・
と思っているあなたへ朗報です。
睡眠をとるだけで痩せられる「寝るだけダイエット」をご存知ですか?
寝るだけダイエットのメカニズムと効果的なやり方について紹介します。

スポンサーリンク

寝るだけダイエットのやり方

sleep_R

寝るだけでどうして痩せるの?

本当に寝るだけで痩せるのかな?と思いますよね。
でも寝ないと太るというのは、思い当たることが多いのではないでしょうか。

睡眠はホルモンの分泌、バランスに影響を与えます。
私たちは寝ている時も体内では脂肪燃焼させ細胞を修復する「成長ホルモン」や糖分を分解する「コルチゾール」というホルモンが分泌されています。また寝ている時も脳は休まず活動しています。
これらの活動によって、一晩に約300キロカロリーが消費するとされています。
しかし睡眠時間が短いと、消費カロリーが3分の1にもなってしまうのです。
十分な睡眠をとっていれば300キロカロリー消費されるのに、それが100キロカロリーでは毎日200キロカロリーの差がついてしまいます。
さらに睡眠時間が短いとイライラしたり、食欲を刺激するホルモン分泌が増加してしまいます。

寝るだけで痩せるための時間はどのくらい?

それでは実際にどれくらい眠ればよいのでしょうか?
キーワードは「3・3・7」です。

入眠3時間の質の良い睡眠

成長ホルモンは寝ている間に分泌されますが、常に一定量が分泌されているわけではありません。
入眠して最初の3時間で深い眠りまで入り、しっかり成長ホルモンを分泌させることが大切です。

夜中3時までに寝る

眠りのゴールデンタイムなどと言われますが、体内時計のゴールデンタイムは夜中の3時に調整されます。
そのため夜中の3時には寝ている状態が望ましいです。

7時間の睡眠

理想の睡眠時間は、7時間~8時間とされています。
時間だけではなく睡眠の質も大切です。「夜中に目が覚めてしまう」「寝てもすっきりしない」という人は、睡眠の質がよくないのかもしれません。
以下で紹介する睡眠の質を高める方法をチェックしましょう!

寝るだけダイエットの効果的なやり方!

質の良い睡眠をとるためのコツを消化します。

スポンサーリンク

太陽光を浴びる

朝起きたらまず、カーテンを開けて太陽光を浴びましょう。日光を浴びることで体内時計がリセットされます。
体内時計を一定に保つために、起床時間は毎日同じ時間が望ましいです。
休日も夜更かしはしても朝は同じ時間に起きた方がよいですね。

朝食をとる

朝食をとることで、胃腸が動き始め体も活動モードになります。
普段朝ご飯を食べない人も、シリアルだけでもよいですし、コーヒーにバターを溶かして飲むバターコーヒーなどもおすすめです。

昼休みに仮眠

普段7時間の睡眠がとれていない、睡眠不足だと自覚している人は昼間の仮眠である程度補うことができます。
昼食をとったら、眠くなくても10分程度目を閉じて過ごすだけでスッキリとして、午後の眠気を乗りきりやすくなります。

入浴の時間に注意

人は体の深部温度が急激に下がった時、深い眠りにつきやすくなります。この状況を簡単に作ることができるのが入浴です。
ただし寝る3時間前や、寝る直前にお風呂に入っても大きな効果は期待できません。
眠りにつく1時間前に入浴するようにしましょう。

寝るときは胃をからっぽにする

寝るときに胃の中にものがあると、眠りが浅くなる上、脂肪として体に蓄えられやすくなります。そのため寝る前は胃の中を空っぽにしておきましょう。
夕食は寝る3時間前までに済ましておくように。

眠れない時は頭を冷やす

仕事の悩み事や、人間関係のストレスでイライラして眠れない時もありますよね。
そんな時は寝る前に頭を冷やすと眠りにつきやすくなります。
濡らしたタオルを固く絞って、額にしばらく置いておくだけで眠りやすくなりますよ。

腹式呼吸で呼吸を整える

私たちは寝ている間腹式呼吸をしています。
そのため眠りにつく前に意識してに腹式呼吸をすることで、眠りにつきやすくなります。
腹式呼吸をするときは鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐きましょう。

寝室を真っ暗にする

真っ暗だと眠れないという人もいるかもしれませんが、蛍光灯のいちばん小さいオレンジ色の光をつけたまま眠ると肥満度が約2倍になるという研究結果があります。
そのため、部屋はできるだけ真っ暗な状態にした方がよいですね。

まとめ

質の良い睡眠をとると痩せるだけではなく、肌が綺麗になったり、仕事の効率もアップしたりする効果が期待できます。
だらだらスマホやテレビを見て眠りにつくのではなく、5分でも早く質の良い睡眠をとりたいですね。

スポンサーリンク

 - 健康とダイエット