Diet Magazine

美しく痩せる!ダイエット情報誌

無添加にこだわり!続けられるダイエットシェイク! バナー原稿imp
【PR】 ダイエットしてるのに痩せない…⇒原因は骨盤かも?!【期間限定 500円 体験】

【PR】【太もも専科】太もも・セルライト・ヒップ集中!1000円体験

8時間ダイエットで痩せない理由6つ!成功させるコツも紹介!

      2016/01/14

巷で話題の8時間ダイエット。
やり方はとってもシンプルで挑戦しやすいダイエットですよね。
8時間ダイエットで痩せた!という人もいれば、全く痩せない!という人もいます。
なぜ痩せる人、痩せない人がいるのでしょうか?
今回は8時間ダイエットで痩せない理由についてお伝えしましょう。

スポンサーリンク

8時間ダイエットで痩せない理由6つの理由

172H_R

8時間ダイエットとは、1日の食事時間を8時間以内に収めるダイエット方法です。
例えば朝10時に朝食をとったら、夕方6時までに夕食を食べ終わります。
食べ始めが12時なら夜8時までですね。
食事ができる8時間以外の16時間は、固形物を口にしません。
胃腸などの内臓を休めることで内臓機能を活性化し、脂肪などをため込みにくい体をつくります。

8時間ダイエットで痩せない、体重は減らない理由はこちらです。

いくら食べても良いと勘違い

8時間ダイエットでは時間さえ守れば、食事内容に制限はありません。
ですがこれを、好きなものをいくら食べても良いと勘違いしていませんか?
たとえ8時間以内であっても、高カロリーなもの好きなだけ食べていけば全く意味がありません。逆に太ってしまうでしょう。
また自分では食べていないつもりでも、少しずつお菓子をつまんでいたら結構なカロリーに…ということも多々あります。

砂糖入りの飲料水を飲んでいる

8時間の時間外は水など水分を飲むのは全く問題ありません。
砂糖の入っていないコーヒーや紅茶でもOK。
ですが、甘い炭酸飲料など清涼飲料水はNGです。
カロリーが0と書かれているものなら問題ないだろうと思うかもしれませんが、人工甘味料も胃腸に負担がかかります。また、甘い飲み物を飲むと辛いものが食べたくなったり、お菓子が食べたくなったりするのでダイエット中は控えた方が良いですね。

胃腸が休めていない

たとえ8時間以内であっても、お腹いっぱいな状態ですぐに寝てしまうと、胃腸は寝ている間も休むことができません。
寝ながら消化しないといけないので、消化不良になってしまい、脂肪として体に蓄積しやすくなってしまいます。

また、寝る前のお酒も良くないですね。
お酒を飲むと肝臓はアルコールを分解するため働かなければいけません。
睡眠も浅い睡眠となってしまいます。
胃腸をしっかり休めるために、夕食は寝る3時間前までに食べ終わるようにしましょう。

スポンサーリンク

血糖値を急激に上げてしまう

16時間何も食べないので、1日の最初の食事では血糖値を上げないように気をつける必要があります。
血糖値が急激に上昇すると、脂肪を体にため込みやすいインシュリンというホルモンが大量に分泌されてしまうからです。
血糖値を上げるのは糖質だけです。
糖質は炭水化物に含まれる栄養素で、ご飯やパン、麺類、じゃがいもなどのイモ類に多く含まれます。
糖質の摂取量を減らすこと、食べる順番に気をつけることで血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

便秘になってしまう

8時間ダイエットで便秘になってしまう人もいます。
これは食事が変わったことによる、食物繊維の不足や、腸内細菌の変化、水分不足などが考えられます。
バランスの良い食事をとることと、こまめに水分を補給するようにしましょう。

もともと1日1食

私もそうなのですが、もともと1日の食事回数が2回とか1回の人は8時間ダイエットをやっても効果が見られません。
もともと自然に8時間ダイエットになっているのですから。
こういった方は他のダイエット方法がよいでしょう。

8時間ダイエットを成功させるコツ

8時間ダイエットを成功させるコツをお伝えします。

糖質を摂り過ぎない

上でも紹介したように、糖質をとると血糖値が上がって脂肪は体につきやすくなります。
そのためご飯やパンなどの糖質の多い食品は食べ過ぎないように注意しましょう。
お菓子などを食べる時もスナック菓子ではなく、糖質の低いナッツ類などを選ぶのも良いですね。

食べる順番を工夫する

食事のときは、野菜から食べ始めるようにしましょう。
野菜に含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。
お酢にも血糖値の上昇を緩やかにする効果があることがわかっているので、酢の物やドレッシングでサラダを食べるのがおすすめです。

水分をこまめにとる

断食中の16時間はこまめに水分を摂りましょう。
特に朝食を食べない人は、朝一番に水分をとって胃腸を動かすことが大事です。
おすすめは白湯をゆっくり飲むこと。便秘の予防にもなりますよ。

関連記事:白湯ダイエットの効果は?口コミはどう?

寝る前にはお腹をすっきりさせておく

空腹の状態で寝ることは、慣れないうちは辛いかもしれませんが、慣れるとすっと気持ちよく寝れるようになりますよ。
翌朝、胃腸が重いとか気持ち悪い状態もなくなって、朝から活動的になれます。

運動も取り入れる

よく言われることですが、食事系のダイエットは運動系のダイエットと組み合わせることでより高い効果を発揮します。
運動することで代謝をよくし、痩せやすくリバウンドしにくい体を作りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
8時間ダイエットをすると生活習慣が変わるので、ストレスを感じる人もいるでしょう。
そのストレスで暴飲暴食にならないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

 - 話題のダイエット